ナマコ730個体を計測し、自然界に放流

 1月20、21日、TRCTは、College of Micronesia(COM)のCooperative Research & Extention(CRE)と共同で、これまで養殖をしてきたナマコの計測作業をサポートしました。
 3年前から、COM-CREとTRCTはタミル地区西方のメルール村の沖合いに養殖場を設置し、Sand fish(学名:Holothuria scarba)という種類のナマコを養殖してきました。養殖の初期は小さな受精卵でしたが、今では20cm前後の個体もあるほど見事に成長しました。

 2日間の作業で、730のナマコが計測のために浅瀬の養殖場から村のメンズハウスに持ち込まれました。すべてのナマコの体長と体重の計測後、村の沖の藻が生えている浅い海へ放されました。

 この調査の目的は、ナマコの成長速度を確認することです。本来ナマコはヤップの海にはたくさんいたのですが、中国への輸出を目的とする乱獲によって、絶滅寸前まで追い込まれました。
 この状況を改善することを視野に、この養殖プロジェクトはCOM-CREとサポーターのTRCTによって始まりました。

 COM-CREの専門家によると、ナマコは「海の掃除屋」と呼ばれるそうです。ナマコは陸から流れ込んできた堆積物を食べ、フィルターのように排出します。ナマコは海を健康に保つために重要な役割を果たします。十分な数のナマコがいなければ、海水が濁り、日光が届かないために暗くなります。そうなると、サンゴが育つことができません。健康なサンゴは魚や他の海の生きもののより良い生息地となるのです。

(現地ボランティアスタッフ・後藤はるか)

Over 700 Farmed Sea Cucumbers Measured and Released

On Jan 20 and 21, TRCT members supported measuring operation of sea cucumbers by Cooperative Research & Extension (CRE) of College of Micronesia (COM).

Off the beach of Meerur village, COM-CRE and TRCT set a farming area and many cucumbers, called Sandfish, or “Holothuria scabra,” were farmed in past three years. At the beginning of the faming, those were just tiny fertilized eggs, now they grew big up to 8-inch or 20-cm long.

Through the operation in two days, over 700 cucumbers were collected from the shallow farming area and were brought back to the men’s house of the village for the measurement. After checking the size and weight of all, they were released to the open water.

The aim of the research is to identify the growth rate of the sea cucumber. Originally the sea cucumbers were very common in Yap water, however over catch of those intended to ship to China made those almost extinct in the ocean.

In 2017, the project started by COM-CRE with TRCT as a partner. Sea cucumbers are called as an “ocean cleaner,” according to specialists at COM-CRE. They eat sedimentation, and discharge sand, like a sand filter. Sea cucumbers play an important role to keep the ocean healthy. Without healthy number of sea cucumbers, the ocean would be dirty and dark, and coral could not grow. Healthy corals support healthier habitat of fishes and other sea creatures.

(Reported by GOTO Haruka, student of Waseda University)

Clams are released from farming area

On Saturday, 19 October, 2019, TRCT conducted clam distribution operation with 12 children with the support of Tamil Youth Organization, TYO, and Yap Community Action Program, YapCAP, releasing 92 giant clams which were raised in farming beds for three years.

In advance to the operation, TRCT distributed 63 clams on October 7, and 92 clams on 8. In total 174 clams were released into the Marine Protected Area in the lagoon of Tamil municipality. Now we have 225 clams in farming cases.

In old days, lagoon of Yap was fully covered by giant clams, according to old persons. TRCT is now trying to recover the number of clams. From baby status with the size of thumbnail, clams grow to bigger than 220 millimeter width and it is now maturing stage. With less risk to be bitten by predicators like puffin fish, TRCT decided to release those to wide spread protected area for natural hatching process.

Village Walk and Community Dialogue

On October 5, 2019, Jeff Marbey, vice chair person of TRCT, Mr. KAWAGUCHI Daisuke, human resource specialist and OHMAE Junichi, board member of ECOPLUS, conducted trial village walk and mapping activity in Teb village of Tamil.

The activity was intended to re-identify resources and assets of the place for sustainable future. Through the walk, Jeff, originally from the village, identify different plants, historical sites, traditional stories and life in old days. During the walk a huge lizard with more than 1 meter long appeared just in front of us.

Along the coast side, Jeff told the story about sea level rise. Taro patches next to the coastal road was having salty water coming through high tide. Because of the salty water, those places became to be abandoned. When we stepped into mountain side through the old stone path, several remains of stone platform, or “daef,” where people were setting their houses were identified. A huge tall tree called “QAW” was also identified. Jeff told that fruit-bats liked the fruit of the tree.

For just a couple of hundred meters walk, we joyfully enjoyed exploration for more than one hour. For Mr. KAWAGUCHI, it was the second visit to this island, and he told that it was quite exciting to walk the place with local people.

After coming back from the walk, other staff at TRCT joined in the dialogue. Specially on the issue of fruit-bats, Jeff and Ken told the place of their nests in the area. They also mentioned about the habitat of the animal and how people of Yap had been hunting those in with ways. We all agreed to have such walk and dialogue would visualize what the area was having in the relation with the nature and human and it would show the potential of the area in this modernized society.

Awardees expressed their message from the stage

UN Equators Prize Awarded to TRCT

United Nations’ “Equators Prize” was given to TRCT on September 24, 2019, in New York during its general assembly. The prize is given to communities in tropic area to promote their efforts to conserve and to use biodiversity sustainably in every two years.

This year TRCT was chosen with other 21 communities. TRCT is very honored for this award and recognizes that the award is for all the community members and many related bodies including The Nature Conservation, BMUB, North Pacific Development Fund,US Forestry Service, Micronesia Conservation Trust, Risona Foundation, JICA, ECOPLUS, YapCAP, Yap State EPA, R&D, Marine Resources, Agriculture and others.

The awarding ceremony was held at Town Hall of central New York in the evening of September 24. The representatives from TRCT, Mr. Vitus Faneg and Ms. Wenifred Faimau were attended on the stage with other winners with local attire. They were introduced to the audience including leaders from different countries.

In advance of the ceremony, UNDP organized several workshops to connect each awardees. Not only the two representatives, but also Mr. and Mrs. Fetan of Tamil were joined in the workshops at their expense.

シャコガイのクリーニング

 タミル地区の禁漁区(No-Take-Zone)内にあるシャコガイ養殖場にて、シャコガイの清掃活動が行われました。前回は4月7日に行われましたため、約1カ月ぶりの実施となりました。

 参加者は、Tamil地区の若者ら5人に加え、Janiceと千場の計7人。

 畳1枚ほどの大きさの浅い箱形のいれものが、金属の網で覆われています。貝の成長にあわせて新しくしたゲージの方のシャコガイに多くの藻が張り付いているのが観察されました。

 死んだシャコガイは見つからず、清掃活動後、シャコガイを撮影した写真を基に数を数えたところ、新旧ゲージ合計で399個のシャコガイが確認されました。

 今回の清掃活動では、シャコガイそれぞれが大きくなってきたため(幅6インチ=15センチ=を超えるものも出てきました)、応急措置として、中で区分けしている仕切りを取り外し、成長できるスペースを確保しました。また、シャコガイを1つ1つ取り出しては磨いて戻す作業を繰り返し、簡単に数えられるように綺麗に整列させました。

 全てのシャコガイが元の白色に戻り、綺麗に整えられましたが、2時間30分近くかかり、終了後は、皆、かなり疲れた様子でした

禁漁区の活動を他団体に紹介

170218TRCT清掃活動.jpg 2017年2月17日、タミル地区の西側にあるオキーフ島にて、トミル自然保護基金(TRCT)が主催した「Retreat(Potluck Party)」というイベントが行われた。

 TRCTが取り組んでいる活動を、交流がある他の団体に見せるために、初めて開催したイベントであった。タミル地区の村々で作る地域協議会(Tamil Council)、ヤップ島の地域活動協議会(Yap Community Action Program, TapCAP)、海洋資源局(Marine Resource)、タミル青少年協議会(Tamil Youth Organization)など多くの団体が参加した。小学生から60代の大人まで幅広く、計約60人が集まった。

 当初は、オキーフ島の崩れた岸壁の修復活動、禁漁区に設置した標識を見学し、現在、メインの活動となっているシャコガイ養殖場の様子を見学してもらう予定であった。しかし、天候はあいにくの雨で、加えて全団体が島に集合したのが、12時30分すぎとなったため、岸壁の修復活動は取りやめた。その代わりに一足早く到着した、日本人大学生ら5人が島のゴミ拾い活動を行い、残りの2つの活動を、昼食を挟んで行うこととなった。

 島には、様々なゴミが捨てられており、分別回収するのに大変苦労した。特に驚いたのは、カセット式のガスボンベが10本近く捨てられていたことだ。ガスを島に持ち込んでパーティーを行い、そのまま捨てて帰る人が多いことが分かった。

170218あれる海でシャコガイ清掃 13時過ぎ、曇り空の中、10人以上乗れる大きな船2隻と小型ボート1隻が島を出発し、禁漁区の標識見学を行った。しかし、途中で非常に激しい雨と風が吹き荒れ、現場に到着して説明を行い、15分も経たないうちに島へ引き返すことになった。

 その後、雲の隙間から晴れ間がのぞく中で、料理を持ち寄った昼食パーティーが開かれた。団体・グループという垣根を超えて話し合う昼食会は非常に盛り上がり、意見交換が盛んに行われた。昼食後は、雨が降る中、禁漁区内の標識見学に行かずに昼食会の準備をしていた若い世代を中心に、シャコガイ養殖場の見学を行った。シャコガイが入っているゲージの蓋を開けて、ゲージ内部や個体を、それぞれを丁寧に磨いた。シャコガイ見学の参加者が20人ほどいたため、見学だけでなく、貝の清掃まで行うことが出来た。活動終了後、最後に再びO’Keef島へ戻り、閉会式が行われ、約50人で記念撮影をして、初開催の「Retreat(Potluck Party)」は18:00頃に終了した。(報告千場朗)

夜のサバ漁

ロウニンアジを釣り上げる
 2016年10月25日の午後7時から翌日未明にかけて、Tamil地区の禁猟区外でサバ漁を行いました。切れ目のない当たりが続き、魚影の濃さを確認することが出来ました。

 午後6時ごろから準備を始め、日没後の午後7時過ぎに出発しました。漁場に着いた後、錨を降ろして船を固定させ、サバ漁専用の6本のオキアミの形をした小さなルアー(日本のメーカーの針でした)が付いている仕掛けを用意し、糸を垂らす形で漁を開始しました。

 漁を開始した直後から、一緒に行った3人全員の仕掛けに当たりが続き、多い時には6本中5本の仕掛けに食いついて釣れることもありました。中でも、1番の当たりは、ロウニンアジ(Giant Trevallie)という魚でした。

 それまでの当たりとは大きく異なり、釣り糸を引き上げようとしても全く動きませんでした。逆に海中に引きこもうとしてきます。そこで無理に引き上げず、しばらく釣糸を緩めて遊ばせます。そして、魚の引き込みが緩くなった時に遊ばせた分の釣り糸を一気に引き上げます。そのような駆け引きを何度も続け、10分弱が経過した頃、魚の引きが弱くなったところで一気に攻勢をかけて釣り糸を引き上げ、最終まで釣り糸を切らずに釣り上げることに成功しました。

クーラーボックスいっぱいになった魚
 クーラーボックスに魚を入れた直後、集中力が切れて全身に疲労と上半身に筋肉痛を感じましたが、その疲労と痛み以上に、この10分弱の駆け引きは素晴らしい経験でした。サバ用の釣り糸で大きなサイズを引き上げるのは珍しいとのことで、JohnさんとStanさんにもほめていただきました。その後、大きな当たりはなかったものの、サバは3人で合計50匹以上釣り上げました。

 海から戻った後は、10匹以上のサバを分けていただいたため、翌朝、近所の方々にお裾分けをしました。持って行った際に「ありがとう!今日の夕飯ですぐ食べるね」と笑顔で感謝してもらい、6時間以上の漁に行って良かったと感じました。
 釣ったサバは焼き鯖にし、ロウニンアジはスープにし、海の恵みに感謝しつつ、美味しくいただきました。(報告千場朗)

Tamil Marine Managed Area project

Tamil-Marine-Use-and-Zoning-Map-1Now in the ocean in Tomil, Zoning and Regulations are introduced for the protection of marine resources.

“No-Take Zone” is along the edge of reef from the eastern side to the west and toward the north, or between Pelak and Wanaday Channels. All extractive activities are prohibited. Entry is only permitted by TRCT.

“Warning Zone” is 50 ft (16 m) distance outside the no-take Marine protected area. Entry allowed nut all extractive activities are prohibited.

All marine areas not included in the above zones is “Traditional use Zone.”
Only traditional and customary uses are allowed. All relevant state or municipal laws and regulation apply.